ドロボーのせがれ ブログ

死ぬまで生きるためのブログ

募金について

 

ありがとうございます。

せがれです。

 

昨日に引き続いてお金の話です。

「募金した方がいい!」とここ一、二年で思うようになってから募金箱を見つけると、小銭を募金していたのですが、最近は「疑問」を持っています。

 

ちゃんと届けられてるのか?・・・と。

 

ある個人経営のお店に東日本大震災の被害の募金箱があるのですが、、、

何年もの間、中途半端に小銭が貯まっているだけで何にも変化していない!! 

 

全く届けられてないじゃん。。

 

いつの日か、その募金箱に千円札が入っていた事があります。

「おおっ!」と思って別の日にその募金箱を見ると千円札だけ無くなっていました。 

 

え?これってどう言うこと?千円札だけ振込み募金したってこと?

それとも・・・まさか・・

もしかして盗った??

 

結局、分からないです。

このお店に限ったことではなく考えてみれば、募金箱に貯まった合計金額なんて、やろうと思えばバレずに自由にできる。。

いつまでも貯まっているだけの募金も「死に金」

これだけの金額募金できました!と、紙が張り出されているお店の募金とかは良いですけどね!

よく見てみると募金理由がよくわからないものもあったりします。

 

それか、やはり口座に振り込むのが良いのか。

募金が集まっても活用できていない状況などもあるみたいです。

 

猜疑心の強い僕は募金も良く見てからするようにしています。

 

 

 

貯金について

 

ありがとうございます!

せがれです。

 

「貯金について」というタイトルですが、大したことではありません笑

お金の話って恐ろしくもあり、楽しくもありますよね!笑

 

 

僕、家庭でするような「小銭の貯金は絶対しない方がいい」と思ってます!笑

 

子どもの時に貯金箱にコツコツと貯めるというのはした方がいいと思ってますけど、大人になってからは止めた方がいいと。

 

500円とか100円の貯金はまだ良いと思いますが、まず、1円5円10円50円は貯めても少ないし使わない。たくさん貯まったからって小銭は出しにくいし、銀行に預けに行くのは手間です。

 

僕の家にも何十年もの間、使わない小銭が貯まっていたことがあります。

 

極端ですが、それってお金があるようで無いようなものじゃないかと思っています。

 

お金は通過させるものだから通貨かも知れません笑

 

自動販売機の下には約4億円のお金が落ちている計算らしいですが、家にある使わない硬貨は全国で10億円くらいは軽くあるんじゃないでしょうか?(知らないけど笑)

 

 

日本経済を回す本当に小さな、小さなことは

「死に金を生き金に戻してやる」ことかも知れません。

 

 

何の本を読んだとかの話ではないのでご了承下さい笑

 

 

天才は2パターン

 

せがれです。

 

田舎から飛行機で帰る時に機内のラジオを聴いていて知ったのですが、サカナクションの新曲「忘れられないの」はCMのために歌詞を150パターンも書いたそうです。それで採用されたのは115パターン目だそう。

凄い・・・。

最後に良いのが出来る訳でもないのですね。

そして残りの149パターンが世に出る事がなくても決して無駄ではなかった。

山口さんは楽しんで書いたそうです。

 

 

どんな世界にも天才っています。

2パターンの天才がいるように思います。

生まれながらの天才と、

圧倒的な量による天才

今からなれるのは、どちらかと言うとモチロン後者です笑。

サカナクションの山口さんが生まれながらの天才でないと言っている訳ではないですよ笑)

 

生まれながらの天才を羨むよりも、とにかく量を!質を高めるのは量産できるようになってからの方がはるかに早い。

 

もっと楽しみながら!

もっとたくさん!

今の自分のテーマです(^^)

 

P.S.

サカナクション「忘れられないの」は8センチCD版でも発売しているそう。

僕の読み少しは当たっていたかも!?

 

 

七福神の良さ

 

せがれです。

 

息抜き七福神の絵を描きました。

f:id:segare0358:20190716143933j:image

連日ブログに載せてる絵はボールペンですが、今日は筆ペンと色ペンです。

下画きなしで何となく描いているので構図が左寄りになってしまっています笑

でもまぁバシッと決まっているのも不自然だと言う個人的な考えもあります笑

 

筆は単純な線に見えますが扱う自由度が上がるので描き手としては難しいものです。

 

緻密な線は誤魔化しが効きますがシンプルな線は誤魔化しがききません。

だから絵本のミッフィーとかは本当に凄い。

 

あ、七福神の話をするつもりでした笑

「話が脱線してしまう僕の悪いクセ」(相棒 水谷豊風)

 

 

七福神は大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、恵比寿天(えびすてん)、寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、布袋尊(ほていそん)の七つの神様の総称ですが、この7人(人と言わせて下さい)は本当にみんなバラバラです。

7人に共通するところは神さまだということこくらいで、日本の神さまだったりインドの女神だったり中国の神さまだったり。。性別も格好もバラバラ。

それなのに集まって仲良くしています。

まさに!

「みんな違って

みんないい」

の思想だと思います。

それに日本では相手は神さまなのに大黒さん、えべっさん、などと「さん」づけで親しみを込めて呼んだりします。

神さまが人に近いのか人が神さまに近いのか。

そんなに変わりはないのか。

 

「みんな違って

みんないい」

最後にさっきより大きい字でもう一度書いておきます。

 

 

せがれは見た。

 

せがれです。

 

先日あるデパートでお腹の大きいお母さんと5歳くらいの女の子を見ました。

 

女の子はお菓子やケーキの入ったショーケースをペタペタ触っていました。

f:id:segare0358:20190713221905j:image

するとお母さんが

「毎朝、店員さんが綺麗に拭いてるんだよ」と言うと女の子は触るのをやめました。

 

流石すぎるっ!!叱っているわけでなく想像させてあげて自分からやめさせているっ!!

 

素直に聞く女の子も偉いっ!!

 

 

その風景を見たせがれは心がなんだかポカポカしました。←

 

↓せがれ

f:id:segare0358:20190715120024j:image

楳図かずおやないかーい!

 

 

本当の豊かさと言い訳と居間でしょ

 

せがれです。

 

ある宇宙の存在の言葉

「本当の豊かさとは

やりたい事をやりたい時に

やりたいだけやれること」

何かしら言い訳をつけて、やりたい事をやらないことがあります。

言い訳の第1位は「お金がない」ですね。

本当にないんでしょうか。確実に僕よりあると思いますが?笑←(お金がないことを偉そうにしている)

「本当にやりたい事」はお金がそんなには必要なかったりします。不安だったり、覚悟が出来ていない。というのが実際のブレーキ。

 

今や、情熱さえあればクラウドファンディングなどで資金を集めることだって出来ます。

方法なんていくらでもある。

もう、明確に

やりたい事をやれない言い訳が出来なくなる時代になりつつあります。

←この言葉、自分で書いておいて少しビビっています。そしてワクワクもしています。

 

書きながら自分に言い聞かせています。

やりたい事をやらない言い訳はもう出来ないんだよ!もっと本気出せよ!腹くくれ!!

やりたい事をいつやるかって!?

居間でしょ!!

f:id:segare0358:20190714161237j:image

↑作品タイトル 「居間にいるばあさん」

 

 

 

エマニエルばあさん←

 

 

 

 

・・・今でしょ!

 

せがれは「そ」と言った。

 

せがれです。

 

幼稚園の思い出。

演劇で西遊記をやりました。

恥ずかしがり屋の僕に与えられた役は・・・

 

でした!!

 

と、言ってもただの指でなくお釈迦様の指。

悟空がお釈迦様の手の上から逃げられなかったと言うシーンです。

指とは気づかず悟空は五本の柱だと思い自分の名前、そ・ん・ご・く・う

と書きます。

その「そ」の指の役。

セリフは一言

「そ」

f:id:segare0358:20190713123309j:image

 

あ、僕の昔話が書きたかった訳ではなかった笑

 

西遊記のモデルになった玄奘(げんじょう)ですが、中国 長安から北インド 天竺まで行きは6年かかったのに帰りは3年で帰れました。(諸説あり)

まずどうして6年もかかったかと言うと、訪れる国々の王から引き止められ仏法を説いていたからです。

つまり行く所、行く所、玄奘は好かれた。

当時は疫病などが流行しており長い時間滞在するのは危険です。

僕だったら「有り難いお経をもらってくる目的の旅なのでお断りします!」と言って早々、出発していたと思います。でも玄奘はそれをしなかった。今、目の前にいる人を大切にした。

そのおかげで帰りは国同士が協力して玄奘を護衛したので、3年という短い期間で帰れたのです。

 

大きな夢、目的を持って生きることは凄いことだけど、今、目の前にいる人を大切にするのを忘れてはいけない。

この話を知ってそう思いました。